fbpx

株式会社アナザーヒストリー Another History

コーチングブログ

コーチングを学んで弟と和解できました。

 

 

今年より開講の
「プロコーチ養成スクール エッセンシャルクラス」
少しずつ全国展開に向けて開催しています。

次の開催は神戸。

エッセンシャルクラスはオンラインでも開催しておりましたが、
やはり、対面での臨場感を体験したいとご希望をいただいていること、
そして、プロコーチ養成スクールの学びを実践し続けてくれた
卒業生たちが、トレーナーとして各地で登壇してくれることで開講の運びとなりました。

【プロコーチ養成スクール エッセンシャルクラス】

1月30日 (土)・2月6日 (土) 10:00〜18:00【神戸】

講師:有江 健彦

【対面・神戸、1、2月クラス(2日間集中)

 

【講師からメッセージ】

有江 健彦

 

僕が本気でコーチングを学ぼうと思った気かっけは
2010年に3歳下の弟とつかみ合いの喧嘩になったときのことです。

それまでの僕は、部下である弟に、
原因論、つまり、いわゆる駄目なところを指摘してあげたら、
それをバネによくなると本気で考えていました。

ダメ出しこそが上司の仕事、
ダメなことを良くしてこそ仕事ができるようになる、
できないのは弟が悪いと思い、
そんな状態でダメ出し続けていたら、
ある日とうとう弟がキレて、
掴みかかってきたんです。
本当にびっくりしましたし、腹が立ちました。

でも、そのとき母に言われたのは、

「あんたが変わらなあかんのちゃうん」

……。

まだまだ腹が立って腹が立っているときに聞いたので、
その時は、素直に受け止めることはできませんでした。

2,3日たって頭が冷えてから、
「自分が変わらなあかんな」と思えたんです。

そして、そのときに気になっていた「プロコーチ養成スクール」に行こうと決めました。
コーチングを学んだら、自分が変われるんではないかと思えたからです。

コーチングを学んで、弟とも和解できました。
さらには、言葉のDV夫だった僕が、
奥さんとまともに向き合えるようになりました。

一言でいうと「人生が変わりました」

その後、コーチングを教えたい、伝えたいと思ったのは、
このように、自分自身の人生がコーチングによって変わったからです。

以前は、我慢するか爆発するかの
二択の伝え方しかしていませんでしたが、
「アサーティブ」という、自分も相手もどちらも尊重しながら
コミュニケーションをとるという考えを知り、
身につけるために努力をしました。

相手との関係を本当はどうしたいのか?
と自分の気持ちにも気付き、選択できることによって
僕は、自分の人生を自分で取り戻せるようになりました。

自分の人生を自分で切り拓く。
自分の人生を自分で選択して生きていく。

そのことを学んでもらいたいと思い、
エッセンシャルクラスのトレーナーとして活動していこうと決めています。

 

エッセンシャルクラスの詳細はこちら

https://essential.anotherhistory.co.jp/

 

まずは無料オンライン講座で
お試しください。