株式会社アナザーヒストリー Another History

受講者の声

これまで以上に、抜本的な解決のお手伝いができるようになりました

澤田 清恵さん

cuddle株式会社 代表取締役

Q. 澤田さんは起業されてから、プロコーチ養成スクールに参加されたんですよね?

はい、2016年にcuddle株式会社を設立して、人事コンサルティングや有料職業紹介、講演・研修事業などをしています。

 

Q. プロコーチ養成スクールの受講を決めた理由を教えてください。

受講を決めた一番の決め手は、実践型のスクールだという点でした。

いくつかのスクールを見学したのですが、アナザーヒストリーのプロコーチ養成スクールは、アクティブに身体を使いながら学んでいて、とても魅力的に感じました。

といいますのも、私の性格や持ち味として、内省によって自分の心と向き合うよりも、実習やロールプレイングをしながら実践型で学ぶのが一番合っていると思っております。ですので、見学した時の印象が決め手となりました。

 

Q. 受講して、自分や周囲はどのように変化しましたか?

クライアントの課題の抜本的な解決ができるようになりました。

これまでも、クライアントの足元の課題を少しずつ解決することはできていました。しかし、プロコーチ養成スクールを受講したことで、クライアントに寄り添って関われるようになったので、クライアントの課題の抜本的な解決ができるようになりました。

私自身、もともとポジティブな考え方をするタイプで、物事の良いところを見ることが好きなんです。クライアントの可能性を信じ、一緒にビジョンを描くというコーチングスタイルを学べたことが、非常にパワフルだなと思っています。

 

Q. プロコーチ養成スクールの魅力は何だと思いますか?

知的好奇心と向上心が強い方が、多く集まっているのが魅力です。

宮本武蔵の言葉で「我以外、我が師なり」と言う言葉があります。
講師の宮越さんだけでなく、スクールに参加している仲間も、自分にいろいろな示唆や気づきを与えてくれる同志だと感じています。やはりそこが、スクールを選ぶ上でも1番大事だと思っています。

 

Q. 講義の内容はいかがですか?

アドラー心理学が大切にする「共同体感覚」が感じられる講義です。

つまり、受講生がクラスに参加する意識が高く、みんなで実習が進んでいく臨場感がたまらないです。

また、学びの中では、上手くいくことばかりでなく、失敗することももちろんあるのですが、失敗からの気づきを学びにつなげやすい仕組みだったりクラスの雰囲気がすごく良いと思っています。

また、宮越さんの声が素敵なのも魅力です(笑) 本当に心に染み入るような声ですよね。落語の寄席のように臨場感があって面白い講義も魅力の1つだと思っています。

 

Q. 今後の目標を教えてください。

まずは経営・財界での組織開発のご支援をしていきたいと思っています。

スクールの受講中に、プロのコーチングを受けるという課題があったのですが、その時、小学生の文集に「政治家になる」という想いを書いていたことを思い出しました。ですから、最終的には、政治の世界に打って出たいと思っています。

ただ、直近の目標としては、志と想いがあって立ち上げた今の人事コンサルティングの事業を、きっちり軌道に乗せたいと思っています。いろいろな企業の経営者や、企業のチームの活性化など、まずは経営・財界での組織開発のご支援をしていきたいと思っています。

コーチングを本格的に学びたい方は、
お気軽に見学会・体験会へ参加ください。

見学会・体験会に参加する