株式会社アナザーヒストリー Another History

コーチングブログ

質問は「指示命令」

相手の話を聴いていて、質問したくなったら

アドラーの思想やロジャーズの態度を自分のものにしたのなら、あなたから出てくる質問は、何であれ相手へのよい刺激になるはずです。ですから、相手の話を聴いていて質問したくなったら、その直観に従ってみてください。


ただし、質問について知っておいてもらいたいことがあります。

それは、「質問は指示命令である」ということです。

例えば、「どんな未来にしたいですか?」という質問は、「(いま話していることをやめて)未来どうしたいか考えて答えなさい」ということなのです。

「指示命令だから質問はよくない」ということではありません。しかし、気をつけて質問をしないと、相手がしている話が深まらず、どんどん突拍子もない方向に展開しかねません。

コーチには、ぜひ相手の話を深めていく質問もマスターしてほしいのです。

相手の話を深める質問

相手の話を深めていくといっても、難しいことではありません。

まずは、
「◯◯っていうのは?」
「どうして(そう思った)?」
「他には?」
「言ってみてどう?」
「だけど?」
「だから?」
という質問を覚えて使ってみるだけです。

私たちのスクールでは、これらを『インタラクティブリスニングの質問』と呼んでいます。

これは『無知の知』という態度の表れなのです。相手の話を分かった気にならずに、「◯◯っていうのは?」ときいてみる。そうすると、相手はそれを説明しようと、もっと具体的な別の表現をしてくれます。

そうする中で、クライアントも、自分自身が話していることの理解を深めていくのです。

「◯◯っていうのは?」という質問の例

クライアント(CL)「最近やる気がないんですよ」

コーチ(CO)「そうなんだ……。やる気がない、っていうのは?」

CL「うーん……。やる気がないっていうか……、もしくは集中が続かないってほうが近いかな……」

CO「そっか、集中が続かない……。っていうのは? もう少し教えて」

CL「うーん。なんか、あれこれやらなきゃいけないことが結構あって、ちゃんと取り組めてないんですよね……。そっか……、やりたいことがないわけじゃないんだけど、時間がうまく使えてないし、なんだか疲れちゃってるんですね」

この例のように、クライアント(CL)の話をコーチ(CO)が分かった気にならずに、「◯◯っていうのは」と質問するだけでもクライアントは探索的になり、自らの状態に気づいていくのです。

まずは、この「◯◯っていうのは?」からでいいので、使う練習をしてみてください。

まずは無料オンライン講座で
お試しください。