株式会社アナザーヒストリー Another History

コーチングブログ

エピソードの整理と登場人物の見える化

具体的な出来事(エピソード)に興味をもつ

コーチングは、クライアントの人生の物語(ストーリー)をつくるプロセスだともいえます。

クライアントが過去に学んだことや体験したことを生かして、未来の目的に向かって、現在のリソースを使いながら課題に取り組んでいく。このストーリーの流れを整理したり、より魅力的なものにしたりするのがコーチングだとも言えるのです。

またコーチングは、クライアントの現在と未来をつなぐものでもあります。

「今いる場所で具体的に起こっていること」からスタートして「未来の場所で起こる具体的な出来事」へと進んでいくのがコーチングです。

ですから、コーチには、クライアントの『これまで』、『今』、『これから』の具体的な出来事(エピソード)に興味をもっていてもらいたいのです。

『いい状態といい関係』を大切にしたら、次は、『気持ちよく話してもらう』、そして、『探索を開始する』。そうしていく中で自然と、過去、現在、未来の具体的なエピソードが明らかになってくる場合もあります。

エピソードを引き出す質問の例

いつまでたっても聴いてみたいエピソードが出てこなかったら、そのエピソードが出てくるような質問をしてみたらいいのです。例えば、

「いつ、この状況を変えたいと思ったのですか?」などと質問すれば、クライアントが感じている問題の背景となったエピソードが話される可能性があります。

「そもそも何があったから◯◯したいと思うようになったのですか?」などと質問すれば、クライアントが望んでいることの原点となるエピソードに向かいやすいわけです。

「このまま時間がすぎていくと何が起こると思いますか?」なら現状の延長線上の未来のエピソードに、

「本当はどんな状況になったらいいと思いますか?」なら望む未来のエピソードに向かっていくわけです。

まずは無料オンライン講座で
お試しください。