株式会社アナザーヒストリー Another History

コーチングブログ

2つのコミュニケーション

自分とのコミュニケーションの大切さ

コミュニケーションというと、多くの人は対人コミュニケーションを思い浮かべると思います。

ですが、私たちコーチの考えは、「対人コミュニケーションに先立って、まずは自分とのコミュニケーションを取ることが大切」ということです。

・自分の状態に気づくこと
・自分の気持ちに気づくこと
・自分の目的(手に入れたいこと、避けたいこと)に気づくこと

これらのことなくして、私たちは幸せに生きられるでしょうか?

幸せに生きるためには、まず自分とコミュニケーションを取り、上のような気づきを得ることが必要なのです。

ところが多くの場合、私たちは自分のことを分かっていなかったり、分かった気になっていたり、自分自身に関心がなかったりするのです。これでは、幸せな人生を生きるのは難しいのではないでしょうか。

コーチの役割

そう考えてみると、まずはクライアントが自分とコミュニケーションを取るのを手助けすることが、コーチの仕事だともいえます。

クライアントは、コーチの助けを受けながら、自分自身とコミュニケーションをとって、

・自分の置かれている状態
・正直な気持ち
・本当の目的
・目指す目標
・様々なリソース
・良い進め方

などに気づいていくのです。

自分の人生の主人公として(主体論)、自分の人生を切り拓いていくためには、このような自分とのコミュニケーションが欠かせません。

幸せに生きるための対人コミュニケーション

もちろん、幸せに生きていくためには、対人コミュニケーションも欠かせません。「人生の課題は対人関係の課題である(対人関係論)」とアドラーは言います。

私たちは人の世で生きています。そしてコミュニティに所属し貢献することが、私たちの幸せ(共同体感覚)なのです。

だとしたら、お互いに分かり合い、協力し合うようなコミュニケーションが取れるかどうかは、私たちの幸せに大いに関係してくるはずです。

・相手の立場に立って、相手の言葉の背景や真意を知ろうとしながら話を聴くこと

・自分の立場や考えを、相手に伝わる言い方で表現すること

・相手との共通の利害に気づき、協力の方向性を考えること

・お互いの長所や強みを活かして、相乗効果を起こすやり方を検討すること

これらが、私たちが考える「幸せに生きるための対人コミュニケーション」なのです。

まずは無料オンライン講座で
お試しください。