株式会社アナザーヒストリー Another History

コーチングブログ

アクションに移せる目標設定

目的から導きだした目標を立てても、取り組みができなければ、達成されることはありませんね。

では、どうしたら取り組むことができるのでしょうか。今日は、2つのポイントをお伝えします。

クライアントが「実行したくなる」状態になること

まず、クライアントが「実行したくなる」状態になることが必要です。

4W1H(いつ? どこで? 誰と? 何を? どのように?)の質問によって、目標が実現している場面を明らかにします。

そして、そのときのVAK(Visual:視覚・何がどう見えるか?、Auditory:聴覚・何がどう聞こえるか?、Kinesthetic:触覚・何をどう感じるか?)にアクセスしてみると、その場面を達成したときの感情が出てきます。

しっかりと心が動く目標であれば、クライアントはモチベートされます。

具体的な目標であること

そしてもう一つ大切なのは、具体的な目標だからこそ、「どんなアクションをとったらいいか?」が明らかになるのです。

「1ヶ月後に初セミナーが開催されている」という目標では、そのために何をしたら良いかが具体的になりません。

・どんな人が何人来て、
・何時間のセミナーをやって、
・終わった時にはどう変化していて、
・参加費はいくらで、
・テーマはこんなもので……

と具体的になればなるほど、そのために必要なアクションが明確になり、効果的に動けるようになるのです。

まずは無料オンライン講座で
お試しください。